婚活サイトで自分に合った結婚相手を

結婚願望があります。しかしアラサーともなると異性との出会いを待っている時間なんてありません。仮に素敵な人が現れたとして、その人の性格を深く知るまでに時間をかけていて、そして結果的に振られてしまったら、30代なんてあっという間に終わってしまいます。
20代だったら何も気にせず恋愛して振られたら次の出会いに期待するでもよいかもしれませんが、30代はそうはいきません。だって本気で結婚したいから。
そこで自分に合う素敵な結婚相手と出会うために「婚活サイト」をネットで調べてみました。
正直アリだなと思いました。20代のころは抵抗ありましたが、同じ結婚願望をもった人が自分に合った人を求め、幸せな結末が待っている。しかも婚活サイトの多さにも驚き。ほとんど同じようなシステムでしたが、どれも安心できるようなサイトでした。
会員登録し自分のプロフィールをまじまじと眺めてみると、改めて自分は理想は高く持ってはいけないなと思いました。そして自分と釣り合わない人はやはり共通点もなく弾む話もなさそうだな。サイトを見ていくうちに自分に合う理想の男性像が見えてきました。
結婚へつながるかはまだまだわかりませんが、楽しい婚活ができそうで、これからの出会いが楽しみす。

外見コンプレックスの人は出会いサイトを使おう

誰かと出会いたいと思っても、そんなに簡単に出会うことができないと思いますね。その理由のひとつに、仕事が忙しいと思うことがあるでしょう。また理由として、自分の外見に自信がないので出会うことは無理と思っている人もいます。
その人たちの多くは、勝手に外見イコールモテると勘違いしていることなのです。いくら外見がいいと思っても、付き合いたいと思うことはありません。一番重要なのは、なんといってもその人の性格です。しかし自分で、外見がダメだからと最初から諦めてしまうこともあります。
そんな人は、出会いサイトを使うことが一番です。出会いサイトの場合は、男性なら女性のハートをがっちり掴むことができる文章力があります。文章力があると、その男性のことを好きになることもあるのです。賢い男性に憧れる女性も多いです。またそのメールの中から、優しさを感じることもあります。

婚活のやり方は色々、何もアプリだけではない

今となってはもうすっかり婚活といった言葉が当たり前のように普及しています。結婚活動のことですが、要するにまだ結婚していない人が結婚できるように色々と相手を探したりするような活動のことですね。今は婚活のための仲介業者にプロフィールを登録して色々と自分の条件に合う人を紹介してもらったりできますし、ネットでもそういったサイトがあります。また、スマホで気軽に使える婚活アプリもあります。でも個人的にはそういった業者やアプリに頼るよりもできるだけ周りの人との交流やたまたま足を運んだ集まりで知り合った人と仲良くなって付き合いたいものです。なので最近私は友達に何かの集まりに誘われたらできるだけ積極的に参加するようにしています。友達の家での鍋パーティーなどもちょっとした集まりで、出会いの場所でもあります。こういったことに参加するのも立派な「婚活」と言えるでしょう。

志望動機は大事ですよね

過去にタクシードライバーになりたかったことがありました。幼い子供を抱えて離婚してからなかなか就職できなかったんです。

だけど工場勤務のような毎日同じ事を繰り返すような仕事は絶対にしたくなくて。職を選べるような立派な人間じゃないから、工場勤務がイヤだなんてそんな贅沢なこと言っていられる状態じゃなかったけど、当時はコレという仕事が見つからず何となくタクシードライバーになろうかと考えていました。

だけど履歴書を書く段階になって志望動機で詰まってしまって・・・。特にやりたい仕事がなく、何となく一人で仕事するのが楽そうでやってみたいと思ったけどそんな志望動機は書けません。志望動機が特にないのに合格しても長く続けられないかもしれないと思いタクシードライバーの仕事を諦めたのです。

どの仕事もちゃんとした志望動機がないとダメですね。

クライミング仲間と会いました

先日、趣味でやっている登山のトレーニングをするために、駅前のフィットネスクラブのクライミングウォールを登ってきました。近所に住んでいる、昔からの趣味仲間の一人と一緒に行ったのですが、彼は最近仕事が忙しかったらしくクライミングを一緒にするのはかなり久しぶりでした。2ヶ月ぶりくらいかもしれないですね。だけど、久しぶりのわりに彼のクライミング技術はまったく衰えておらず、難しいコースをひょいひょいと登っていて、さすがだなーと感心ばかりしていました。彼はハイヤーの運転手を長年勤めていて、かなり車にも詳しいですし、運転もめちゃくちゃうまいんです。だから、たまに登山に一緒に行く時に車を運転してもらうのですが、助手席に乗っていると心地良いです。プロフェッショナルの運転技術を堪能できるわけですから、お得な気持ちにもなりますし、運転の勉強にもなるんですよね。また、山に一緒に行きたいですね。

芸能人に遭遇するにはタクシードライバーか?

どうしても会いたい芸能人がいます。
それは、明石家さんまさんです。
もう、切れ目のないトークを聞いていると、お酒を飲んだ時のように気分良くなってしまいます。
会いたい、でも会えない。
そこで、どうすれば会えるのかを考えてみました。
例えば、吉本に就職するとか。
ただ、さんまさんが毎日のように事務所を訪れるとは考え辛いです。
だったら、行きつけのお店の店員になるとか。
でも、どこが行きつけなのか知りません。
だったら、タクシードライバーはどうでしょう
さんまさんを待っている間に他の芸能人に遭遇できるかもしれないし、なんとなくワクワクな毎日になりそうで楽しみが増えそう。
しかも、一応は労働していることになるので、お金ももらえるし一石二鳥かもしれません。
ですが、もしかすると専用の運転手がいるのかと心配です。
どうなのかなあ。
やっぱり、テレビ画面を眺めているのが無難、且つ手堅いような気もします。

将来に備えて行う投資にも様々あります

一般のサラリーマンの様な人であっても、不動産への投資=不動産投資が出来るというのが投資情報誌などで目にします。この不動産投資を行うには、ある程度の貯蓄等を担保にお金を借り、その借り入れたお金で不動産であるマンションやアパートなどを購入し、その購入不動産を用いて収益の獲得を行うというのが一つの流れみたいです。

自分が所有するマンションなどを人に貸し、賃借人が支払う家賃が収益源の主なものになります。不動産投資の初期費用として借り入れた融資金を、ローンで元利金返済をしなくてはならなくなるので、家賃収入があっても、そこから貸付元への返済分は差し引いて考える事になるのだと思います。

また、借入金で購入した不動産自体にも価値があり、その不動産の価格が値上がりすれば売却差益を狙うことも可能みたいです。ただ、投資にはリスクが必ず付きまといます。不動産投資にも当然そのリスクは存在し、株やFXよりも安全で高利回りだとは言い切れないので行うのであれば熟慮した方が良いと思います。何しろ、投資は自己責任が原則だからです。

シニア世代を見据えての不動産売却

最近、自分自身がシニアに近づいているのもあり、自分の今後の暮らし方、住まいについて思いをはせることが増えてきています。
今現在は、10年以上前に購入したマンションに住んでいますが、年をとって、体の自由がきかなくなってきたら、老人介護施設に入居しなければならないのだろうか?と不安に感じることがあります。
また、自分自身の親も高齢者であり、将来的には、現在の一戸建ての家を売ることも考えられます。
両親はまだ元気なのですが、交通の便が悪いところに住んでいますので、もっと駅に近いアパートかマンションに移るほうが、生活しやすいように思えます。
不動産売却については、素人にはわかりづらいことも多く、安易に決断できることでもありませんので、色々と勉強が必要だと感じています。
最近、増えている不動産投資のセミナーにも参加したことがありますが、不動産の査定というのは、厳しいものだと知りました。
自分が元気で、判断がしっかりできるうちに、不動産の査定、売却方法については、しっかりと学んでおこうと思っています。

出会いがないので婚活を始めました

30代になっても付き合っている人がいないと知った母から、しつこく婚活をするように言われています。心配されているんですよね。

私も良い出会いがあれば結婚したいと思っているのですが、家と会社を往復する毎日では良い出会いなんて期待できないんです。

だから婚活をすることにしました。仕事は忙しいのですが、婚活アプリを利用したらきっと良い出会いがあるのではないかなと思っています。

婚活アプリを利用し始めたばかりなのですが、すでに複数の男性とメッセージのやり取りをしているので、すぐに彼氏ができそうです。

もう30代なので、できるだけ早く結婚して子供を産みたいと思っています。子供を産める年齢は決まっているので、焦りますよね。

婚活をしている男性も、きっと子供を産める女性を求めていると思うんです。あまり理想を高くしないで、婚活を頑張ろうと思っています。

成功した友達が誇らしいです

大学の音楽サークルで一緒だった旧友がいるのですが、先日、突然電話がかかってきました。特別、用は無かったらしいのですが、今度食事でもしよう、などと話を振ってきたので、私は快諾しました。

彼は今、不動産投資で生活しているそうです。なんでも、マンションを複数所有していて、家賃収入がかなりの額に上るということです。以前はサラリーマンをやっていて、会社を辞める時は、私に相談を持ちかけてきたりしたものです。

今となっては懐かしいですね。彼が脱サラして、ここまで成功するとは正直思っていませんでした。昔から、金融関係の勘は凄いものがあるなーとは思っていたのですが、ここまで結果を出すというのは、偶然だけではすまない、何かを持っているのでしょう。というか、結構、勉強家なのでとことん不動産の分野を勉強したのかもしれませんね。なんだかんだ、凄い奴だと思います。