将来に備えて行う投資にも様々あります

一般のサラリーマンの様な人であっても、不動産への投資=不動産投資が出来るというのが投資情報誌などで目にします。この不動産投資を行うには、ある程度の貯蓄等を担保にお金を借り、その借り入れたお金で不動産であるマンションやアパートなどを購入し、その購入不動産を用いて収益の獲得を行うというのが一つの流れみたいです。

自分が所有するマンションなどを人に貸し、賃借人が支払う家賃が収益源の主なものになります。不動産投資の初期費用として借り入れた融資金を、ローンで元利金返済をしなくてはならなくなるので、家賃収入があっても、そこから貸付元への返済分は差し引いて考える事になるのだと思います。

また、借入金で購入した不動産自体にも価値があり、その不動産の価格が値上がりすれば売却差益を狙うことも可能みたいです。ただ、投資にはリスクが必ず付きまといます。不動産投資にも当然そのリスクは存在し、株やFXよりも安全で高利回りだとは言い切れないので行うのであれば熟慮した方が良いと思います。何しろ、投資は自己責任が原則だからです。

This entry was posted in 仕事.