出会いが欲しくてついに手を出してしまった

23歳女彼氏はいません、大学時代友達と遊びすぎて彼氏ができなかった私ですが、社会人になれば必然的に出来るだろうと思っていました。しかし仕事柄男性との出会いはなく、社会人2年目になっても彼氏は出来ないままです。周りは次々にカップルが誕生していて、私は孤独に苛まれていました。
見兼ねた友人が私に最近人気な出会い系サイトを勧めてくれました。藁にも縋る思いだったので、半信半疑でありつつも登録をしました。出会い系に対し良い印象を持っていなかったのですが、始めてみると楽しくて夢中になってしまいました。
出会い系サイトでは、現実で会うよりも多くの男性と出会うことができるうえ、メッセージのやり取りも多いので会う前にどんな人かを確認することもできました。また自分のペースで男性を見つけられることも魅力の一つだと思います。
まだお付き合いには発展していませんが、これからも出会い系サイトを利用して素敵な男性と出会えるよう頑張ります。

出会いのために時間とお金を投資する

出会いサイトからお付き合いが始まり、数年の交際を経て、ついにゴールインつまり結婚することができたというハッピーな体験をする人たちがとても増えています。日本社会が少子化している中で、結婚するカップルが誕生し、やがては子供を設けるという嬉しい夫婦が増えていくというのはとても望ましいことであり、そうした面で、確かに出会いサイトというのは、貢献をしている部分が大きいビジネスといえるかもしれません。ではそのような出会いサイトをうまく活用して、結婚をしたい男女はどうすればいいのでしょうか。基本的には、そこに時間とお金を投資するということです。サイトに登録したら自動的に出会いがやってくるというわけではなく、やはり時間をかけて探すことや、ある程度費用をかけることも必要かもしれません。サイトや業者によってはパーティや合コンなどをアレンジしていますので、そうしたものに参加するのです。

出会いは自分から作るもの!

学校や職場での出会いは、ある意味、受動的です。一方、自分から積極的に作る能動的な出会いの場は無数にあります。けれども、学校や職場での出会いと違って、自分から作る出会いには、時に、危険が潜む場合があります。でも、このワクワク感やドキドキ感は刺激的なのも事実です。実際に会わないことから始まる出会いは、相手の言葉使い、話しの内容、あるいは声で、どのような人なのかを判断しないといけません。実際の姿を見れない分、視覚以外の感覚を研ぎ澄ませ、コミュニケーションを注意深くとり、信頼できる危険な人ではないという確信を得られなければ絶対に会わないという自分なりのポリシーをもつことが大切です。自己責任となりますが、何もしなかったら絶対に会えないような全くの見知らぬ人との出会いは時に人生を豊かにしてくれるかもしれません。それに、知らない人なら、本当の自分をさらけ出せる良い機会になるかもしれません。長いようで短い人生、明日なにがあるか分からない人間の一生で、受動的な出会いから一歩飛び出して自分から作る能動的な出会いも大切にしたいものです。

研修に参加してきました

職場で部署異動があり、今までとは違う業務を体験することになりました。上司から勧められて、外部で行われる研修に参加を申し込みました。事前に調べてみたところ、研修が行われる場所は、駅から少し離れたところにあるようです。駅からはバスかタクシーで行くのがよさそうだとわかりました。少し余裕をもって行きたかったので、駅からタクシーに乗ることにしました。タクシードライバーの方に行き先を伝えた後、車内ではリラックスできたと思います。研修会では、転職して新しい仕事を始めた人や同じような仕事をしている人に出会えました。午前中から研修がスタートし、お昼にはみんなでランチに行くことになりました。ランチではなごやかな雰囲気で談笑でき、知り合いもできてよかったです。午後からは、少し実践を交えてトレーニングすることになり、充実した時間を過ごすことができました。

婚活サイトで再婚相手を探す日々

私の最近のマイブームは、婚活サイトを活用しながら、再婚相手を探す事です。
前の夫と別れてから、かれこれ3年が経過しているので、「そろそろ新しい相手が欲しいな」と思えるようになりました。
やっぱり歳を取っていくと、一人暮らしは寂しいから、早めにパートナー探しをしておきたい気分なのです。
幸い、前の夫との子供はいないから、再婚も自分と相手の意志でスムーズに進められそうです。
理想の再婚相手としては、県外の転勤がない人で、できれば子持ちでない人、バツイチ、バツニでもOKといった感じです。
私ももう30歳を過ぎたから、恋人関係だけでなく、一緒に長く暮らせる人が欲しいです。
以前結婚していた夫は、転勤が多い仕事で単身赴任ばかりしていたので、あまり一緒にいられる時間がありませんでした。
だから、再婚相手は、いつも一緒に食事したり、買い物やレジャーに行ける人がいいな、と思っています。

タクシー運転手はかなりお勧めできる

タクシーの運転手になるということは歩合制の仕事をするということでもあります。ですからその辺りの事は覚悟しておかなければならないということになります。自分の資格でがっつりとか全部ことができるということにもなっているわけですから、そういう意味では非常にやりがいのある仕事であるということには違いはありませんので自分の実力で稼ぎたいという人にはむしろタクシーの運転手に転職することがお勧めできたりすることになります。しかし、そもそも資格がなければ意味がないということにはなりますのでまずは二種免許の取得を目指してみるべきということになるのです。とにかく頑張ってみる価値がある資格職であるといえるでしょう。最終的に個人タクシーになるということもできるわけで未来は長く広く繋がっていると言える職業と言えるわけです。だからこそ転職先としてタクシーの運転手を目指すということは悪くはないわけです。

応援にいった話をします

私はドラッグストアで働いております。本日は他店舗の応援でして、都心部の店舗の新規オープンの応援にいっておりました。都心のドラッグストアはどこのお店も訪日客でごったがえしており、外国人だらけになっていて免税対応をすることがとても多い作業でした。しかも深夜まで営業をやる業態の店舗でしたので帰りはタクシーで帰るという形態での帰宅のしかたとなっていました。体力的にもかなりしんどく自分としては本格的にこの仕事をやめて転職したいなと考えるようになっていました。なにより在職されていたはずの人員がどんどん離職して別の会社に転職していく様をみていると自分自身としてはそんなに待遇や給与が悪いとはおもっていないのに本当は搾取されているのかもしれないと疑心暗鬼になってしまうことがあるからです。しかし年齢的にももう自分は転職できる年齢ではないのであきらめています。

美しい芝桜に心を奪われました

ちょうど5日前になりますが、たまたまその日は仕事が休みだったので、ひさしぶりに山歩きに行ってきました。
自宅から2時間くらいのところに、大量の芝桜が咲き乱れる山があり、その色合いがとてもきれいなので、昔から大好きなスポットなのです。
電車やタクシーを使ってその山に着いたのは午前9時くらいでした。いきなりですが、まず、蕎麦屋に向かいました。
何故かと言うと、たまたま、家にあった無料求人雑誌に、この山の特集記事が載っていて、山の近くのおいしいお蕎麦屋さんを紹介していたので、どうしても食べてみたかったのです。
お蕎麦を美味しく頂いた後、山に向かいました。
ゆっくり登っていくと、高原に出ました。
そこは一面、芝桜が咲いており、その美しい光景に私は目を奪われました。
広大な高原をピンク一色に染めている芝桜の可憐な姿は、ただただ圧巻で、本当に素晴らしかったです。
あれは、一生忘れられない景色ですね。凄かったです。

食事会で出会った人たち

大人数の食事会に参加したところ、いろいろな人に出会えておもしろかったです。まず、向かいの席の女性とは、ガーデニングの話題でもりあがりました。最近、彼女は30代にしてガーデニングのおもしろさに気がつきはじめたのだそうです。休日には季節の花を植えたり、ミニトマトを育てたりしているそうです。
次に、隣の席の男性と話したところ、彼はフリーランスのエンジニアでした。お仕事の合間には、家で料理をするのを楽しんでいるそうです。得意料理はシーフードのスパゲティでデザートにパイやケーキも焼いているそうです。
食事会ではいろいろな人と話せたので、とても楽しかったです。やはり、人との交流は楽しいなあと思いました。さまざまな職業や趣味をもつ人と知り合えるのは、とてもよい体験だと思います。いろいろな人と知り合うと、視野を広げ、新たな発見を得られます。

高原でフリーランスのシステムエンジニア

フリーランスのエンジニアを始めたのは今から一年前になります。大学を卒業して以来8年間勤めてきた会社で初めての人事異動で営業になったことがきっかけでした。人と話すのが苦手なので、決まった時点で退職しました。その後、実家に戻りちょっとの期間自暴自棄みたいになって部屋から出ないような感じでした。冬になり、趣味のスノボーもできるので長野の親戚が経営するペンションの手伝いに行きスノボー三昧の楽しい生活を送りました。春になりスノボーは出来なくなりましたが、窓を開けるとアルプスの山々が見えて澄んだ冷たい空気を吸い込んで、鳥の囀りを聞いているとここで、ずっと仕事したいと思うようになりました。シーズンオフはペンションはほとんど客が来ないから手伝いはいらないと言われましたが、家賃程度を払うからワイファイだけ使わせてもらえないか頼みました。そして、フリーランスのシステムエンジニアを始めたのはました。8年の実務経験から生活費以上はコンスタントに稼いでいます。しばらくはのんびりこんな生活を続けたいです。