外見コンプレックスの人は出会いサイトを使おう

誰かと出会いたいと思っても、そんなに簡単に出会うことができないと思いますね。その理由のひとつに、仕事が忙しいと思うことがあるでしょう。また理由として、自分の外見に自信がないので出会うことは無理と思っている人もいます。
その人たちの多くは、勝手に外見イコールモテると勘違いしていることなのです。いくら外見がいいと思っても、付き合いたいと思うことはありません。一番重要なのは、なんといってもその人の性格です。しかし自分で、外見がダメだからと最初から諦めてしまうこともあります。
そんな人は、出会いサイトを使うことが一番です。出会いサイトの場合は、男性なら女性のハートをがっちり掴むことができる文章力があります。文章力があると、その男性のことを好きになることもあるのです。賢い男性に憧れる女性も多いです。またそのメールの中から、優しさを感じることもあります。

婚活のやり方は色々、何もアプリだけではない

今となってはもうすっかり婚活といった言葉が当たり前のように普及しています。結婚活動のことですが、要するにまだ結婚していない人が結婚できるように色々と相手を探したりするような活動のことですね。今は婚活のための仲介業者にプロフィールを登録して色々と自分の条件に合う人を紹介してもらったりできますし、ネットでもそういったサイトがあります。また、スマホで気軽に使える婚活アプリもあります。でも個人的にはそういった業者やアプリに頼るよりもできるだけ周りの人との交流やたまたま足を運んだ集まりで知り合った人と仲良くなって付き合いたいものです。なので最近私は友達に何かの集まりに誘われたらできるだけ積極的に参加するようにしています。友達の家での鍋パーティーなどもちょっとした集まりで、出会いの場所でもあります。こういったことに参加するのも立派な「婚活」と言えるでしょう。

志望動機は大事ですよね

過去にタクシードライバーになりたかったことがありました。幼い子供を抱えて離婚してからなかなか就職できなかったんです。

だけど工場勤務のような毎日同じ事を繰り返すような仕事は絶対にしたくなくて。職を選べるような立派な人間じゃないから、工場勤務がイヤだなんてそんな贅沢なこと言っていられる状態じゃなかったけど、当時はコレという仕事が見つからず何となくタクシードライバーになろうかと考えていました。

だけど履歴書を書く段階になって志望動機で詰まってしまって・・・。特にやりたい仕事がなく、何となく一人で仕事するのが楽そうでやってみたいと思ったけどそんな志望動機は書けません。志望動機が特にないのに合格しても長く続けられないかもしれないと思いタクシードライバーの仕事を諦めたのです。

どの仕事もちゃんとした志望動機がないとダメですね。

クライミング仲間と会いました

先日、趣味でやっている登山のトレーニングをするために、駅前のフィットネスクラブのクライミングウォールを登ってきました。近所に住んでいる、昔からの趣味仲間の一人と一緒に行ったのですが、彼は最近仕事が忙しかったらしくクライミングを一緒にするのはかなり久しぶりでした。2ヶ月ぶりくらいかもしれないですね。だけど、久しぶりのわりに彼のクライミング技術はまったく衰えておらず、難しいコースをひょいひょいと登っていて、さすがだなーと感心ばかりしていました。彼はハイヤーの運転手を長年勤めていて、かなり車にも詳しいですし、運転もめちゃくちゃうまいんです。だから、たまに登山に一緒に行く時に車を運転してもらうのですが、助手席に乗っていると心地良いです。プロフェッショナルの運転技術を堪能できるわけですから、お得な気持ちにもなりますし、運転の勉強にもなるんですよね。また、山に一緒に行きたいですね。

芸能人に遭遇するにはタクシードライバーか?

どうしても会いたい芸能人がいます。
それは、明石家さんまさんです。
もう、切れ目のないトークを聞いていると、お酒を飲んだ時のように気分良くなってしまいます。
会いたい、でも会えない。
そこで、どうすれば会えるのかを考えてみました。
例えば、吉本に就職するとか。
ただ、さんまさんが毎日のように事務所を訪れるとは考え辛いです。
だったら、行きつけのお店の店員になるとか。
でも、どこが行きつけなのか知りません。
だったら、タクシードライバーはどうでしょう
さんまさんを待っている間に他の芸能人に遭遇できるかもしれないし、なんとなくワクワクな毎日になりそうで楽しみが増えそう。
しかも、一応は労働していることになるので、お金ももらえるし一石二鳥かもしれません。
ですが、もしかすると専用の運転手がいるのかと心配です。
どうなのかなあ。
やっぱり、テレビ画面を眺めているのが無難、且つ手堅いような気もします。

シニア世代を見据えての不動産売却

最近、自分自身がシニアに近づいているのもあり、自分の今後の暮らし方、住まいについて思いをはせることが増えてきています。
今現在は、10年以上前に購入したマンションに住んでいますが、年をとって、体の自由がきかなくなってきたら、老人介護施設に入居しなければならないのだろうか?と不安に感じることがあります。
また、自分自身の親も高齢者であり、将来的には、現在の一戸建ての家を売ることも考えられます。
両親はまだ元気なのですが、交通の便が悪いところに住んでいますので、もっと駅に近いアパートかマンションに移るほうが、生活しやすいように思えます。
不動産売却については、素人にはわかりづらいことも多く、安易に決断できることでもありませんので、色々と勉強が必要だと感じています。
最近、増えている不動産投資のセミナーにも参加したことがありますが、不動産の査定というのは、厳しいものだと知りました。
自分が元気で、判断がしっかりできるうちに、不動産の査定、売却方法については、しっかりと学んでおこうと思っています。

地域の素晴らしい取り組みを知りました

私の家の近くに、地域のコミュニティーセンターがあるのですが、その建物の屋根にはソーラーパネルがたくさん置いてあります。そうです、太陽光発電をする為の設備なのです。コミュニティーセンターは施設内の消費電力のかなりの部分をこの太陽光発電で補っているということです。素晴らしい取り組み、姿勢だと思います。こうすることで、電気代がだいぶ浮くでしょうし、それは言い換えると、コミュニティセンターの電気代に消えていた我々が払った税金がその分浮く、ということです。このように、出来る範囲で地域の自治体が努力している姿を実感できるのは、住民としては非常にうれしいことです。こうやって節約するといろんなメリットがあるんだよ、という住民へのメッセージにもなると思いますし、住民もそれを受けて、地域への貢献をしよう、とさらに思うのではないでしょうか。

転職を検討中なのです。

現在、飲食店に勤務をしていますが、飲食店業界は土日祝が必ず仕事なので、土日が休める事もある職に転職をしたいと考えています。かと言って、特にやりたい仕事がないので、いろいろと悩むところです。しかし、何となく辞めたいと思いながら、現職を続けるのはどうかな?と思うところもあるので、ここらで真剣に転職をしようと思うのです。

個人的に好きな事と言えば、車の運転なので、友人からはタクシードライバーなんか良いのではないかと言われましたが、確かにタクシードライバーはシフトによっては土日が休日になる事もあるらしいので、転職するには良いかなと思う様になりました。また友人の中にはタクシードライバーに転職をして、結構稼げているという話を聞いたので、それもありかなと思っています。
何しろ、転職をするならば、今年が勝負だと思っている気持は変わりません。

婚活アプリを使ってみた感想。

長い間、独身生活をエンジョイしてきました。年齢が若かった事もあり、寂しいという気持ちは一切なくて、むしろ、自分が生きたいようにしてきました。若いと言うだけれで、将来を考えない、その場だけのノリの付き合いが許されることも、若さの強みだと思いますが、中高年の年齢になると、そんなおいしい話は一切なくなりました。

これでは本当に生涯一人身だと感じる様になり、流行の中高年の婚活アプリを使って見ました。
登録は簡単で、身分証の提示がある事も女性にしたら安心の材料です。
すぐに運命的な出会いは無かったのですが、アプリを使用して3ヶ月で、かなり本気になれる相手との出会いがありました。相手も方も同じく真剣交際を考えている人で、価値観も似ていると感じましたし、何より顔が好みだったのです。中高年になっても、やはり見た目の好みは大切だと感じた瞬間でした。
彼とは将来を見据えた付き合いを続ける予定です。

出会いについて占いを信じていいのか

毎日それを目安にして行動しているという場合の一つに雑誌等の占いがあります。男性はその占いについて、そんなに興味がないと思っている人が多いと感じます。ところが女性の場合は、案外と信じてしまうところがあります。占い結果により、もしかしたら運命の人と出会うことができるかも知れないと思う事があるのです。
その時、朝の占いで出会いがあるとなっているとワクワクすることができますね。どんな出会いがあるんだろうと、自分が身構えてしまうこともあるでしょう。取引先の会社の人とあう時に、ちょっとどきどきしたりすることもあります。それはなんといっても、その人との出会いかも知れないと思うからです。
そんな風に、占い結果で出会いを思うことがありますがそれは決して悪いことではありません。出会いを意識している事自体、とても素晴らしいことと言えるのです。