離婚!?夫婦喧嘩で怖い思いをしました

ちょっと浮気したぐらいで妻が怒っていたので、私は開き直っていました。激しい夫婦喧嘩のあと、妻が離婚したいという話をしてきました。離婚したいと言われたことは初めてではないので、きっとまたいつものように仲直りできるだろうと思ったのですが、そうではなかったのです。

なんと弁護士に頼むと話してきたので、本気だとわかりました!すごく焦って土下座をして謝ると、何とか許してくれたのですが、いつもは優しい妻でも浮気だけは許せないようです・・・。とても怖かったです。

これからは絶対に浮気だけはしないでおこうと思います。私には妻が必要ですし、妻を愛しています。夫婦喧嘩(http://rikon.link/)はこれからもすると思いますが、その原因が私の浮気にならないように気を付けようと思います。妻は上手で優しく、とても素敵な女性なので離婚はしたくありません。

不倫相手を夫婦喧嘩に導いた

私は高校生の時に好きで付き合っていた彼がいましたが、彼とはプラトニックな恋をしていました。

その彼はすごく優しい人で、怒ったことなど全くありませんでした。

でも交際は1年ほどで自然消滅してしていってしまったのでした。

私は彼のことはずっと忘れないで思っていました。

27歳で他の人と結婚しても、彼のことを思いだすことが多かったです。

夫は友人に紹介してもらって付き合って結婚したんですが、夫の親との同居でしたので、

夫が夫の親の意見ばかり優先してましたので、夫婦喧嘩が絶えない毎日を送ってしまっていました。

そんな時に、高校生の時に付き合っていた彼に電話して再会して、不倫をするようになりました。

彼は奥さんの実家の事情で、奥さんとは別居していました。

なので、彼のマンションで会うことが多かったです。

彼とは言い合いをしてもすぐに仲直りできるほど、彼のことが好きでした。

でも彼と10年間付き合って、彼から別れを言われてしまったのでした。

別居して奥さんと一緒に住むといい始めたのでした。

私は彼への嫉妬から、ギャンブルをするようになりました。

そして最後には、彼のマンションに電話して奥さんに、「私とおたくのご主人は不倫してました」と言って

彼を夫婦喧嘩に導いてしまったのでした。

あとからすごい夫婦喧嘩になったといわれてしまいました。

彼には夫婦喧嘩の仲直りをしようとしたけど、無理だったと言われました。

父と母の50年前の夫婦喧嘩

今58歳、その私が小学生低学年の頃の話と思うので50年近く前の話だと思う。父と母はどちらも短気なところがあり、時々ぶつかっては夫婦喧嘩していた。その殆どは覚えていないが、あの喧嘩だけは覚えているというぶつかりがあった。

何故覚えているかというと、二人の言い争いの剣幕が激しかったのは勿論だが、母が腹立ちまぎれに電気釜、炊飯器を放り投げたのである。電気釜はテーブルの向こうに落ちて、炊き立てのご飯が白い湯気を立てながらこぼれた。その光景が忘れられない。

私と5歳下の妹は、どうしようもなく泣きじゃくるばかり。子供心に父と母は離婚するのだと思った。何を言ったか覚えていないが私が何か父に言ったようで、父から「母親の味方をするならお前も出ていけ」と言われた。母親は「私一人でも子供たちは立派に育てて見せます!」などと叫んで今にも子供たちの手を取って出て行かんばかり。

何たる事、天の配剤かその時玄関の戸がガラガラと開いて、お客さんが訪ねてきたのである。その人は以前父と母が部屋を借りていた家の大家さんで隣に住んでいろいろ面倒を見てくれた人、二人ともその人には頭が上がらないという人でした。

その元大家さんは家に入ってすぐ修羅場の事は理解したようですが、特に何も言わず普段通りに接してくれました。母親も躓いて電気釜ひっくり返したなどとへたな嘘を言って、父もそれ以上は騒がずケンカは収まりました。

あの時元大家さんが訪ねて来なかったら、あの勢いで母と子供たちは暗い夜の街へ飛び出したかもしれません。そして離婚・慰謝料・養育費などという話になっていたかもしれません。年を経るにつれて父と母も角が取れて醜い喧嘩も少なり、80歳を超えて今では喧嘩をするのも面倒臭くなったかのように温厚になりました。

慰謝料についての参考サイト:http://isyaryou-keisan.info/

好きで結婚しても離婚する危険はつきもの

全くの他人である男と女が一緒になる際、結婚という形で結ばれます。

お互いが結婚を決意するのですから、相手を愛しているからこその結果だと思います。

けれど、いくら愛し合って結婚したからと言っても、夫婦喧嘩の一つや二つは当然のごとく起きるでしょう。

人間ですから、お互いに些細な事がきっかけで夫婦喧嘩になる事もあるでしょう。

しかし、一歩間違った方向に行ってしまうとあわや離婚なんて事態にもなりかねませんので、多少の注意は必要かも知れません。

離婚が近い夫婦喧嘩にはならないようにしましょう。

離婚の原因として一番多いのは、やはりどちらかの浮気でしょう。

比率的には男性の方が浮気をする事が多いかと思われがちかも知れませんが、女性側の浮気も多いそうです。

ご主人が自分を全く女として見てくれなくなったとか、仕事を理由に家庭を顧ないとかで、不満が募り浮気に走ってしまう傾向もあるのです。

こうなってしまうと、やはりやり直すというのは難しいのかもしれません。

もしもの時のアイフォン修理屋を探しておこう

今はスマートフォンというと、アイフォンを持っているという人は結構多く見られます。スマートフォンはとても便利な物ですし、ないと不安になるという人も中にはいると思います。しかし、常に手に持っているからこそ、不注意で落としてしまって画面が割れてしまったり、うっかり水没させてしまうなんて事態もつきものです。

急いでいるなんかにそんな目に遭ってしまっては本当に災難としか言いようがありません。こんな時はすぐにでも修理を依頼したいでしょう。町田市の駅周辺にはアイフォンの修理を行っている所が複数あるので、本当に有り難い存在でしょう。中には最短で15分程度で修理してくれる所もあるので、急いでいる時は本当に助かります。修理代も格安で行っている店舗もあるので、万が一の時のためにアイフォン修理 町田で幾つか店舗をピックアップしておくのも良いと思います。

若い夫婦の夫婦喧嘩は離婚になりやすいから

若いうちに恋愛結婚した夫婦って夫婦喧嘩をする回数が多いように感じます。それにそういう夫婦は夫婦喧嘩が激しくて、ひとつの夫婦喧嘩が長引くような気がします。わたしが知っている年齢が若い夫婦は、ひとつの夫婦喧嘩がかなり長引いて「何日間も口をきかないことなんて当たり前だよ」なんてよく言っています。

だけど若い夫婦は熟年夫婦よりも夫婦喧嘩が原因で離婚しやすいと思っているからか、不貞行為や離婚など、夫婦の危機に陥らないための夫婦喧嘩のやり方をその都度考えるのだそうです。この話を聞かせてくれた人は若い奥さんなんですが、旦那さんは旦那さんなりにどんなに激しく夫婦喧嘩したとしても離婚にならないように気を使ってくれるのがわかるそうです。

たとえ不貞行為をしてしまったとしても、「自分にもそうさせるだけの悪いところがあった」と反省できる夫婦なら夫婦喧嘩は離婚の原因にならないと思います。