仙台のタクシーが多すぎて起きている問題点

仙台駅の周辺には大きなタクシーのターミナルがある。
そこではかなりのタクシーが停車されているが需要に対して供給が多すぎるのが現状ではないかと思う。

実際にタクシーの数が多すぎて2015年にはタクシー業界に新規参入することが制限されて、新しくタクシーが増えるということはなくなっている。
しかし、その一方ではタクシーの運転手が減ってきている事が問題になってきている。

高齢化もあるが、タクシーが多すぎて客の奪い合いになっていたり、支払われる給料が歩合性のタクシー会社が多いが、タクシープールで待機している時間が長くなってしまい給料が低いという問題もあるようだ。
企業自体にコストを下げる動きがあるので、タクシーを控える動きがあったり、若者の飲酒が減っているせいでタクシーを利用しないケースが増えているのも、タクシードライバーが減ってきている要因になってそうです。